クリームを選ぶポイント

クリーム

PAとSPFについて

日差しが強くなると日焼けして肌が黒くなったり、真っ赤になってしまいます。それを効果的に防ぐことができるのが日焼け止めクリームとなり、今では老若男女幅広い人々に利用されています。日焼け止めクリームや化粧水を選ぶときに気になるアルファベットが目に付くと思います。それはPAとSPFで、それぞれ意味があり、それを知ることで生活に合わせた選び方をすることができるのです。まず知っておくべきことは日常で浴びている紫外線には大きくUV-AとUV-Bの2種類があります。UV-Aは波長が短く肌の奥まで透過してしまうため肌を黒くさせる作用があります。日焼け止めクリームにあるPAとはそのUV-Aをカットできる強さを「+」の数で表しているのです。+の数が多いほど効果が高く最大でPA++++となります。肌が黒くなりやすい人はこちらを基準に選ぶようにすると良いでしょう。一方、UV-BはUV-Aよりも波長が長いため、肌の表面に作用しやすい紫外線です。SPFはそのUV-Bを防ぐ強さを数値化されたもので、SPF1〜SPF50+まであり、数値が強いほど効果が高いです。こちらは肌が真っ赤になるような人が重視する指標となります。このように、このPAとSPFは厳密には紫外線の違いによって異なっています。どのような影響を受けているのか、どのような環境にあるのかを考慮しつつ日焼け止めクリームを選ぶようにすれば、より効果的に利用することができるわけです。