散乱剤と吸収剤

ウーマン

大きく2種類ある

多くの人々が何気なく利用している日焼け止め商品は、実のところ大きく2つに分類することができます。それは、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤であり、性質や使い勝手が多少異なっているので知っておいた方が良いでしょう。まず紫外線散乱剤についてですが、紫外線を反射させて塗布した皮膚に透過しないようにするものです。金属化合物が使われていることも多く「ノンケミカル日焼け止め」とカテゴライズされるケースも少なくありません。紫外線を反射させるだけなので変質することなく長時間利用し続けることができ、肌への負担が少ないケースが多いです。ファンデーションなどでメイクにも多用されています。一方、紫外線吸収剤は、使用される有機化合物が紫外線を吸収して熱などに転換して紫外線を消してしまうものです。こちらは有機化合物が使われてるケースが多く、滑らかなつけ心地で日焼け止め専用のクリームなどはこちらが多いです。このように、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤にはそれぞれ紫外線に対する効果が違い、さらに、メリットも異なっています。そのため、近年では双方のメリットを活かせるように2つを掛け合わせたハイブリッド日焼け止め商品も増えてきています。一般的には、どちらかを表記されていることは少ないですが、原材料を調べることで区別することができるでしょう。また、紫外線が皮膚に跳ね返されているイラストが用いられていることがありますが、それは紫外線散乱剤が使われていることになります。