日焼けをしないために

女性

正しい理解と塗り方

日焼け止めとは日光の紫外線をブロックし、シミやシワなどを防止するクリームです。夏は少し外に出ただけで、日焼けをしてしまいます。日焼け止めについて、正しい理解と正しい塗り方をしなければ日焼け止めの効果は発揮できません。SPFとはシミや炎症の原因となる紫外線B波をカットする値です。日焼けが始まるのは20分ほどなので、SPF30とは、30×20分=600分、日焼けを遅らせるということ。PAとはシワやタルミの原因となる紫外線A波を防止する値です。4段階に分かれています。数値が大きければよいというわけではなく、数値が大きければ大きいほど肌に負担がかかるので、目的に合った日焼け止めを選ぶようにします。正しい塗り方としては、少量だと効果を発揮しないため、たっぷりと惜しみなく使います。そしてムラがないように伸ばします。肌に擦り込むと肌荒れの原因となるため、優しく塗っていきます。塗り残しが多い場所は、まぶた、生え際、首の後ろ、手や足の甲、ひざなどです。汗をかいた後や泳いだ後は日焼け止めが落ちている可能があるので塗り直します。2〜3時間おきに塗り直すのが効果的です。日焼け止めの多くは、日焼けを防止するために紫外線吸収剤が含まれています。紫外線吸収剤は肌を酸化させ、シミやシワの原因になることもあります。そのためにしっかりとクレンジングで落とすことや、肌が弱い人は紫外線吸収剤が入っていないものを使うとよいでしょう。